あの脱毛サロンに解約が殺到?

ミュゼ・プラチナムをご存知ですか?

脱毛専門のサロンとして多くの会員を急激に増やしたサロンです。その手法は超激安の脱毛キャンペーンを展開し、多額の広告費を投入するやり方です。

高橋仁という方が代表を務めるこのサロン、実はかなりヤバいらしい…。前受金という、本来は受け上げに充当してはいけないお金を、会社の売上金として計上、ミュゼを多くの売り上げのある会社に仕立てていた―、というわけです。

もちろん、そのようなことが出来るのも、多くの会員が実際にいて、サービスに申し込んでくれていたからなんですが…。このようなやり方でも、債務をちゃんと支払っていけたら良かったのですが、実際はその支払いさえも滞っていたという状態が分かりました。

前受金自体は違法ではないみたいですしね。会社が利益を上げていたらそれで良かったわけです。でもそうではなかったから問題になったんですね。支払ってもらえない銀行からの話し合いなどが発覚すると、一気に経営不振報道は広がりました。

このようなことって、本当はなんとかやっていけたはずなのに、報道が広がることで不安に思った会員が解約に走って、本当にお金が回らなくなる―、ってことはよくあることですよね。

現在は、RVHという企業が事業を買収して、一応黒字を確保することが可能となりました―、というプレスリリースを見かけるような状態です。今後、ミュゼはいったいどうなってしまうのでしょうか。ミュゼ解約でいろいろなブログが出てきます。不安な会員さんは調べてみると良いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です